エイジングケア サプリメント

エイジングケア サプリメント

エイジングケアとは日本語でいうと抗加齢対策といって、人間にとって避けられないさまざまな老化を少しでも送らせて、若返らせようとするものです。
最近では内側から若返りをアプローチするようなサプリメントを積極的に摂ることがすすめられています。

 

エイジングケアで現在もっとも注目されている成分といえば、コエンザイムQ10でしょう。コエンザイムQ10は1957年に発見された比較的新しい栄養素ですが、人間が生命を維持していくうえで不可欠なものです。専門用語では補酵素といってふだんは体内で生成しているのですが、不足してしまうと生命の危険にも影響を及ぼすような成分です。

 

コエンザイムQ10にはエネルギーを活性化させる効果とともに抗酸化作用が
認められており、体の細胞の老化を防いだり肌のシミやくすみを改善したり、内蔵や血管などの体内の細胞組織を健康にしてくれます。

 

抗酸化作用はガンや動脈硬化といったさまざまな病気の原因となる活性酸素を減少させてくれます。体がサビないようにする栄養素にはビタミンEが知られていますが、コエンザイムQ10はこれと連携して体を内側からイキイキと蘇らせます。

 

コエンザイムQ10は老化とともに体内からどんどん少なくなってしまうものなので、若いうちから積極的にサプリメントで補っていくことが大切です。

 

また、コラーゲンも美肌をサポートするとして話題の成分です。コエンザイムQ10と同じように年齢とともに体内のコーランゲン量は減少していきます。新陳代謝をアップさせて繊維をやわらかくしたり保水力をアップさせてくれます。
とくにお肌のもちもち感といった弾力性や膝の柔軟性はコラーゲンが大きな役割を担っています。

 

コラーゲンのサプリメントは豚や鶏などの動物の皮から抽出されるほか、安価に製造できる方法として魚のウロコなどを原料に用いられています。いずれにしても天然由来の確かなサプリメントを選ぶことがエイジングケアにも重要です。

 

脱毛サロンおすすめ

 

 


エイジングケア(6)Q&A

 

質問1

 

30代からエイジングケアを始めたほうがいいとテレビで耳にしましたが、実際には何歳ぐらいからスタートすればよいのでしょうか?(20代後半・s女性)

 

 

回答1

 

エイジングケアといえば中年女性からのものだと思っていませんか?

 

最近では30代はもちろん、早ければ早いほど加齢してからのダメージを抑えられるということで、20歳を過ぎると意識してエイジングケアを日々のメイクに取り入れる人も増えています。

 

そもそも、肌の衰えを感じ始めるのは外側からの紫外線や内側の活性酸素の影響がかなりのボーダーラインを過ぎてからといえます。目に見えないかたちでは体内のコラーゲンは少しずつ減っていっています。なんと20代から減り始めるため、その年齢から早めにエイジングケアをするとよいでしょう。

 

 

 

質問2

 

エイジングケアで友人がヒアルロン酸注射というのを美容外科で受けたそうです。特別な方法でなければエイジングケアをすることはできないのでしょうか?(40代前半・女性)

 

回答2

 

エイジングケアとは生活全体を広い目で見なおして、老化を促進させるような食生活や生活習慣などを改善していくことが第一歩です。
高価な化粧品や美容外科での治療を受けたとしても、食生活が乱れていたり運動もまったくしないというのでは、意味がありません。
とくに「エイジングケア=美肌対策」という風潮がありますが、心も体もトータルバランスを取って健康的な生き方をするのがエイジングケアの真骨頂といえるでしょう。
もし、まだエイジングケアを始めていないのであれば、新鮮な野菜を多く食べるようにしたり、外出には日焼け止めを使うなど、生活の中で簡単に始められることからやっていきましょう。

 

 

 

質問3

 

なにからエイジングケアを始めればいいのかわかりません。
一つスタートするとしたらなにがいいでしょうか?(40代前半・女性)

 

回答3

 

エイジングケア初心者の方にはまず栄養のバランスを考えた食事をすることをおすすめしています。ビタミン群やミネラルといった健康維持に欠かせない栄養素は抗老齢化対策にも必須です。
なるべく新鮮で有機栽培や無農薬の野菜を購入したり、肉類よりも魚を増やすなどして、ヘルシーな食生活を心がけましょう。

続きを読む≫ 2013/08/06 16:02:06

究極のエイジングケアといえば美容外科での多彩なメニューを受けることになるでしょう。最先端の医学から導き出された美容外科技術によって外見の美をとことん追及することが可能です。

 

エイジングケアを希望しはじめる年代としてはやはり40代以降が圧倒的に増えてきます。患者さんの最大の目的は顔のシワをなんとかしたい、というものです。顔は普段人からずっと見られ続けているものであり、肌の色ツヤやシワの具合によってその人の年齢がどう見られるかに大きく関わります。シワのないたまご肌であればたとえ年を重ねたとしても若く見られるはずです。

 

シワといっても大きく分けて2種類あります。
鼻の周りや口周辺といった顔の中心部に集中して生まれるシワは、皮膚を刺させている組織や脂肪が加齢とともに減少していくことが原因です。
美容外科ではこのようなボリューム不足によるシワに対して、ヒアルロン酸を注入したり自分自身の脂肪を用いてそのシワの窪みを埋める治療を行なっています。

 

一方、いわゆる表情筋など、顔にくっついている筋肉の動きが長年にわたって深く刻まれてしまう表情シワがあります。無表情のときには目立ちませんが、話したり笑ったりすると目立ちやすいシワです。
こちらの表情シワにはボリューム不足のシワのようにヒアルロン酸注入をするとかえって腫れの原因になるためボトックス注射を行うのが一般的です。筋肉へ直接ボトックス注射をすることでシワが伸びていきます。
ただし、このボトックスの注入量や注入位置の扱いは大変デリケートなため、ベテランの美容外科に任せるほうがよいでしょう。

 

これらプチ整形と呼ばれるような簡単な美容治療のほか、顔全体のフェイスラインを引き上げるというケーブルリフトも人気が高くなっています。
もみあげのあたりから頭皮の中に細いケーブルを入れて後頭部方向へ引き上げて固定させます。これにより、顔全体のシワが伸びるうえ、手術跡もほとんど目立ちにくい手法です。手術時間も30分から60分程度と気軽に受けることができます。

続きを読む≫ 2013/08/06 16:00:06

紫外線によるダメージは単に日焼けや皮膚のしみやシワを誘発させるだけでなく、活性酸素を増やして体をサビつかせる原因にもなります。
「少々日焼けするくらいなら問題ない」
というひともいるでしょう。
たしかに、真夏にどんなに日焼けして黒くなったとしても秋冬になれば自然に元のような白い肌に戻るかもしれません。
しかし、一度記憶してしまった紫外線による日焼けの記憶は年々累積していきやがて老化を促進させることになります。

 

ダメージを受けた肌は早ければ30歳を超えた頃にはシワという美容の大敵となって現れ始めます。30代、40代あたりで見た目の若々しさに個人差が開いてくるのはそれまでの紫外線量も大きく関係しています。

 

シワが目立ち始めてしまったら、最後、打つ手はないのでしょうか。

 

いや、最近では適切なエイジングケアによってお肌のコンディションを想像以上に引き上げてくれることがわかってきました。

 

その決め手がビタミンCです。

 

多くの化粧品やサプリメントではビタミンC誘導体として配合されています。紫外線のダメージという肌の記憶を修復し、若返らせる効果があるとしてとくに期待されています。

 

積極的にこのビタミンC誘導体を取り入れるには、配合されている化粧品を選んだり、普段から新鮮な野菜やフルーツをたくさん食べることが肝心です。食事で不足が感じられる人ならサプリメントを利用するのもよいでしょう。

 

さらに、紫外線そのものから身を守ることも重要です。

 

紫外線は真夏に限ったものではなく、一年中太陽から降り注いでいます。とくに紫外線量が増大するのは春先の4月から秋口の9月まで、およそ6ヶ月間も続きます。また、天気にかかわらずたとえ雨であっても晴天の3割ほどの紫外線がありますので、季節だけでなく天候などに関係なく紫外線ケアをしなければなりません。

 

したがって、一年を通して長袖や帽子を身に着けるようにしたり、サンスクリーンを利用して紫外線をカットして、できるだけ日焼けをしないように努めましょう。

続きを読む≫ 2013/08/06 15:59:06

健やかな心身を保つために適度な運動は欠かせません。とはいっても、忙しい現代人にとって運動を日常の習慣にすることはなかなか難しいといえます。

 

まずは、仕事帰りに一駅分歩いてみる、とか、自転車に乗って移動するところをウォーキングにしてみる、といった些細な工夫から始めてみましょう。こうしたちょっとした積み重ねでも、トータルで体を動かす時間は累積していきます。

 

また、家の家事を積極的にするというのも十分な効果があります。日頃、部屋の掃除を怠りがちな人であれば休日の一定時間、窓を開けて掃除機を掛けたり、拭き掃除をしてみるだけでも意外と汗をかきまとまった運動量になります。

 

日常での活動にプラスして運動を取り入れるにはなにが効率的でしょうか。

 

ここ数年、エイジングケアとしても人気が高いのが加圧式トレーニングです。二の腕と太ももの付け根に加圧ベルトを装着したうえで、トレーナーとともに軽い負荷を掛けていきます。時間は短時間で、一般的なトレーニングルームでは20分前後のところが多いようです。血流を制限して圧力を掛けるため、毛細血管のすみずみにまで血液を行き渡らせることができます。このとき酸素の血中濃度が減少する一方で乳酸値が急増するため、脳下垂体の成長ホルモン分泌が促進されます。圧力を掛けるのをやめると成長ホルモンが体内のあらゆる細胞に浸透するため、全身に好影響を与えます。

 

加圧式トレーニングの具体的な効果としてはまずダイエット効果があります。成長ホルモンによって脂肪燃焼が促進し太りにくい体質へとリードします。また、血行促進作用や疲労回復のスピードが高まるほか、筋力アップもしやすくなります。さらに、通常のスポーツよりもおよそ290倍の成長ホルモンが分泌されるため、お肌を若返らせてつやつやにしたり、内蔵や循環をよくします。

 

このほかにも有酸素運動の代表であるウォーキングやスイミングなどはエイジングケアにぴったりなスポーツです。ぜひ生活の一部に取り入れて心身ともに健康的な若さを手に入れましょう。

 

 

続きを読む≫ 2013/08/06 15:57:06

エイジングケアというとついつい外側からのアプローチばかり考えがちですが、根本的な効果を得たいのならぜひ内側からの適切な栄養管理もしていきましょう。食事を見直すことで、じっくりとエイジングケアを着実にすることができます。

 

食事の中で新鮮な野菜やフルーツを豊富に摂ることがもっともベースの対策となります。このとき、エイジングケアにつながるような栄養素を意識したメニューにすることがポイントです。

 

野菜の中でもピーマンやほうれん草、ブロッコリーやカリフラワーなどにはビタミンCが多量に含まれています。ビタミンCはあらゆる栄養素の中でもとくに体のサビと戦う抗酸化作用が強いため、活性酸素を撃退し細胞の酸化を抑え込んでくれます。野菜のほかにレモンやキウィフルーツといったフルーツにもふんだんに含まれています。

 

ビタミンAはサプリメントのなかでもふだんはあまり意識されていませんが、粘膜組織を強くするため体の免疫力を高めてくれます。また、眼にもよいので眼精疲労の軽減にもつながります。
ニンジンやピーマンといった緑黄色野菜全般に含まれているほか、動物性食品のなかではウナギに大量に含まれていることで有名です。

 

健康維持というとビタミン群を真っ先に思い出しがちですが、ミネラルも同じぐらい大切なものです。
とくに日本人が不足しがちといわれているのがカルシウムと亜鉛です。

 

カルシウムは小魚やほうれん草などに含まれますが、骨や歯を丈夫にしたりイライラを解消したりします。また、マグネシウムも同じように骨や歯にプラスになるほか、循環器系の安定につながるので高血圧や動脈硬化の予防にもなります。

 

タンパク質を生み出したり抗酸化作用のある亜鉛は積極的に取り入れたりミネラルの一つです。不足した場合、症状が進行すると味覚に異常をきたすこともあります。老化と戦ってくれるミネラルとして最近とくに注目されています。牡蠣や小麦胚芽、豚レバーなどに多く入っています。

 

 

 

続きを読む≫ 2013/08/06 15:55:06